より抜きRC-ENT! – 拝啓 木村拓哉さま 『そうだ! キムタクにラジコンを贈ろう』プロジェクトVol.6

   2015/12/02

RC-ENT!誌上でもっとも人気のあった記事。
それがこの「ラジコン地位向上委員会」とりわけ「そうだ!キムタクにラジコンを贈ろう」プロジェクトでした。
このプロジェクトのyoutube動画は22万回再生を記録。
というわけで、ここから数回に渡ってこの人気シリーズを再録します。

キムタクへ宛てた「魂の手紙」全文を公開!

前回のエントリはコチラ→『そうだ! キムタクにラジコンを贈ろう』プロジェクト Vol.5

拝啓 木村拓哉さま

拝啓 木村拓哉さま

初めまして。

私、ブログマガジン『RC-ENT!』というラジコンブログを主催している編集長 U.K.と申します。

このたびは突然、ラジコン送りつけちゃってすいません。

びっくりされました?
されますよね、どうも申し訳ありません。

実はブログの中の企画で「ラジコン地位向上委員会」というものがありまして、その活動の目玉として木村さんにラジコンを贈らせていただきました。

というのも「ラジコン」という趣味、やれ子供っぽいだのマニアっぽいだのと、世間的なイメージがイマイチよろしくない。
特に女性にとっては、自分とはまったく交わらない世界だという認識のためか、奇異の目で見られることもしばしばなのです。

でもラジコンってやってみるとすごく楽しいし、オトナが一生をかけて夢中になれる奥の深い趣味だったりもするわけで。
とっかかりさえあれば、夢中になる人はもっともっと増えるはずだと思うんです。
それに何より、「モテない趣味」のレッテルをどうにかしたい!

そこで考えたのが、いま日本でもっともムーブメントを起こせるタレント・木村拓哉さんにラジコンをプレゼントし、その楽しさを知っていただいた上で、その魅力を広く世間にアピールしてもらおう、という作戦。

かつて、マニアックな趣味であった「釣り」を、女性も楽しむごく当たり前の趣味として定着させたように、ラジコンの地位向上にぜひともそのお力をお貸しください。

そして、ラジコンを「モテない趣味」から「モテ趣味」へ!

まぁそれはともかくとして。

お送りしたラジコンは、走行に必要なものが全て入ったセットです。
一度、お時間あるときに走らせてみてください。
きっとその楽しさ、分かってもらえると思いますので。

ちなみに車種はタミヤの「マイティフロッグ」なんですが、ご存知ですか?
子供の頃、走らせたりしませんでした?

懐かしい! なんて思っていただけたら望外の喜びです。

ちなみのちなみに、同封の「アルミモータープレート」というパーツは、この企画に賛同いただいた「久保栄商店」というラジコンを売ってる酒屋さんからのプレゼントです。

「木村さんにぜひ、カスタムの楽しさも味わってほしい」とのことで、ご提供いただきました。

さてさて、長々と失礼いたしました。

ラジコンの地位向上うんぬんの前に、今回のことがきっかけで、木村さんにラジコンを楽しんでいただけたら幸いです。

末筆ながら、木村さんの今後ますますのご活躍を祈念いたしております。

ブログマガジン『RC-ENT!』

編集長 U.K.

P.S.

もしも不要の際は、料金着払いでご返送ください。
その場合はブログの読者プレゼントにしたいと考えておりますので。

****

上記の手紙を添えて、明日いよいよ木村拓哉氏に向けてラジコン発送します!

発送の様子は動画でお送りする予定。

SMAP・木村拓哉さんにラジコン発送完了!! 『そうだ! キムタクにラジコンを贈ろう』プロジェクト Vol.7

みなさん、お楽しみに~!!

(文責:編集長 U.K.)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。