イラネッチケー – NHKだけ受信しない装置に見るネーミングの妙

 

ネットスラングっぽさを巧みにとり入れ、拡散力がアップ

個人的に、優れた商品やサービスには必ず、その特長や有用性を的確に、かつ印象的に表した、優れた名前が付いていると思っています。

本日はそんなワタクシ・UKPが、ネーミング的に気になったニュースについてご紹介します。

NHKだけ受信しない装置「イラネッチケー」 約130個売れる

イラネッチケー放送法において〈協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者〉はNHKに受信料を支払わなければならないと定められている。NHKの姿勢に疑問を抱いて視聴しなくなっても、「テレビがある世帯は受信料支払い義務がある」と求められる根拠だ。

そこで登場したのが、NHKだけを受信しない装置である。直径21ミリ、長さ75ミリの筒状の装置はその名も「iranehk(イラネッチケー)」。筑波大学システム情報系准教授・掛谷英紀氏の研究室が開発した。

テレビ背面にあるアンテナ入力端子などに取り付けるとNHK総合とNHK教育の周波数をカットする「地上波用」がネット通販で7965円で購入できる(「BS用」は7587円)。イラネッチケーを使えばNHKの放送が見られる〈受信設備〉ではなくなるから、受信料を払う必要はないという理屈だ。掛谷准教授はこういう。

「NHKの放送では公共性を疑わせる事案が数多く発覚しています。NHKは予算こそ国会承認が必要ですが、監視が十分とはいえず、公共性を担保する仕組みがありません。それならば国民にNHKと契約しない自由は保障されてしかるべきと考えました。地上波用、BS用合わせて約130個が売れています」

受信料の支払い拒否を巡る訴訟はこれまで全国各地で起きているが、6月1日にはフリージャーナリストが「イラネッチケー」を使ってNHKに請求されている受信料は発生していないという債権不存在訴訟を起こした。司法判断はこれからだが、NHKが「みなさま」を向かない報道を続ければ、こうした動きはますます広がるだろう。

引用:NEWSポストセブン

この装置の是非はさておき、いいなぁと思ったのはそのネーミングです。

NHKを「いらない」人のテレビから、NHKの電波を「いらない(=受信拒否)」させる商品、という機能説明力と、昨今のNHKの不祥事による世の中的な「嫌・NHK」的な空気感を、「いらない」をネットスラング風の「イラネッ」と置き換えることで表した表現力。

コレすごいです。

特にNHK叩きが一部ネットユーザーの間で加熱していたことを考えると、ネットスラング風の表現を取り入れたことは、ネットでの拡散力を相当強力なものにしたのではないでしょうか。

狙い通り、一気に拡散していきましたもんね。

ちなみにこのイラネッチケー、調べてみるとamazonさんでも買えるみたいですね。

UKPはNHKの番組よく観てるので、これは必要ないですけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。