大塚家具が父娘口論CM 久美子社長が平祐奈と共演

女優平祐奈(16)が、お家騒動のイメージ払拭(ふっしょく)を目指す大塚家具の新CMに起用され、2日、都内のショールームで発表会に出席し た。3日から放送されるCMは、平が演じる娘を中心とした家族4人がショールームを訪れる設定。カーテンの色をめぐって言い争う父と娘を、母が「けんかし ない!」とたしなめる場面や、熱がこもって一方的に説明する店員に突っ込みを入れる父の姿を見て、娘が「父がすみません」と謝罪する場面などが登場する。

同社広報は、平の起用について「家族中心の物語で、その聡明(そうめい)さが娘役のイメージに合った」と説明した。平は「家族で愛用する家具のCMに出られてうれしいです」と笑顔を見せた。

同社は今年3月、経営権をめぐって、大塚久美子社長(47)と、創業者で父の大塚勝久前会長(72)が争い、お家騒動として注目された。この日、22年ぶりとなるブランドロゴの一新も発表するなど、イメージチェンジに躍起だ。顧客ターゲットを若年層にも広げたい狙いもあり、新CMにはフレッシュな魅力のある平が起用されたようだ。

久美子社長は、平の印象について「凜(りん)として、おきれいで笑顔もすてき。明るくて礼儀正しい。私も、こんなすてきなお嬢さんだったらよかったなと思いました」と騒動を意識したような発言で笑わせた。家族を見送る店員役で新CMに出演しており、「汗かいちゃいますね」と振り返った。さらに「CMもこれまでとイメージが変わった。ありたい家族の姿になれるインテリアをつくるために、新しいショールームに来ていただきたい」と新生・大塚家具を強調していた。

引用:日刊スポーツ

あまりにも驚いたので、思わず全文引用(笑)。

いや~久美子社長、豪気だなぁ。

こういった、マイナスイメージを逆手に取ったマーケティングを「悪役マーケティング」などと呼んでいるサイトもありますね。

せっかくなんで「悪役マーケティング」の事例をいくつか。

「わいろ最中」が人気 田沼意次のイメージ逆手に

江戸幕府の老中で“わいろ政治家”として知られる田沼意次が藩主を務めた地元・静岡県相良町で、その悪いイメージを逆手に取った和菓子「わいろ最中」が、じわじわと人気を集めている。  「町おこしのきっかけに」と町内の若手グループが中心となり、昨年6月から1箱1000円で発売。当初は月に数箱の売れ行きだったが、口コミで広がり、月500箱前後のヒット商品に成長した。  怪しげな笑みを浮かべる意次の顔が描かれた箱の中には、形と色が小判そっくりのもなか6個に、「したごころ」と書かれたティーバッグ入りののし袋が添えられ、遊び心も満点。さらにもなかの漢字は「さいちゅう」とも読めるためまさにうってつけのネーミング。

引用:47NEWS

木更津はヤンキーの街?…イメージ逆手にPR

「木更津といえばヤンキーの街」。
昨年秋、木更津市へ転勤が決まった際、真っ先に頭に浮かんだ。街には不良少年らがたむろし、夜になると暴走族が爆音を立てて走り抜ける――。

(中略)

「木更津って本当にヤンキーが多いんですか」。知り合いの女性職員に「あなた、イメージに毒され過ぎよ」 と一蹴された。ただ、「そう思ってる人はあなただけじゃないけれどね」とも。市内の行きつけの飲食店や美容院でも、同じ答えだった。

こうしたイメージを抱く理由は、おおよそ想像がつく。2002年、市内を舞台にテレビ放映され後に映画化された大ヒットドラマ「木更津キャッツアイ」がその一つだ。若者たちの友情と地元愛に満ちたストーリーだが、登場する主人公たちは金髪やモヒカンにスエット姿。

そしてもう一つ。学ランにリーゼントというツッパリスタイルが特徴の、同市を代表する人気ロックバンド「氣志團」の影響だ。

(中略)

翻って現在、そんな光景は見られないが、地元では「ヤンキーの街」と認識されていることを逆手に取った動きが進む。

全国各地で土産として根付く「ご当地キティ」。東京湾アクアラインの海ほたるパーキングエリアでは、氣志團の衣装をまとったキティちゃんグッズ「氣帝團きていだん」が売られている。
「最初は誰が買うんだろうと思った」と、土産店の田倉裕一店長(37)は笑いながら振り返るが、4年前の販売開始から続く人気商品という。

木更津発のご当地アイドルユニット「C―Style」は、日本初の「ヤンキー系アイドル」として売り出し中だ。
地元のNPO法人「木更津駅周辺地域活性化推進協議会」が昨年、プロデュースした。

同協議会の茂木千明さん(25)は「いっそのことヤンキーを前面に出した方がインパクトがある」と狙いを説明する。
メンバーは14~17歳の中高生5人。週末などを利用して歌や踊りのレッスンに励み、 東京や神奈川などでライブを開催している。何と言っても、かつての「スケバン」をほうふつとさせるセーラー服にロングスカートをまとったスタイルが売りで、ライブなどは大盛況だ。

リーダーの千葉舞凛まりんさん(17)は、「正直、最初は抵抗がありました。けれども今では気にならない。自分たちが新しいアイドルとして、木更津を全国に発信したい」と意気込む。他のメンバーの芸名も「海蛍」「八剱やつるぎ」など地元にちなんだ名前が並び、木更津色を前面に出している。

引用:読売オンライン

ミライースのキリの悪さを逆手にとった好感度アップ戦略

ミライースという軽自動車の価格をご存知ですか?

TVCMで紹介している金額は、766,286円。何とも切りが悪い金額です。どうせな ら、766,000円とか、760,000円というキリのよい金額にすればいいのにと思ってしまいます。実際、他メーカーの車の金額はというと、千円単位 (例:766,000円)か、百円単位(例:766,200円)で調整しているケースが多いです。

では、なぜ、そんなことをしているのか?答えは、TVCMの中で紹介しています。

「このキリの悪さに努力を感じちゃいます」
この一言にキリの悪い金額の理由が込められていると思いませんか?

「お客さまに悦んでもらえるように、さまざまな企業努力により製造コストを下げ、販売価格も1円単位でギリギリまで下げた結果、キリの悪い金額になった」という企業の姿勢を想像し、お客さまの中で企業のイメージアップにつながっているのです。

(後略)

引用:マイベストプロ福島

はい、ということで、ますます目が離せなくなりそうな大塚家具のニュースでした。

これお父さん、なんか言い出したりしてこないかなぁ…。

追記

この大塚家具のCMに娘役で出演し話題となった平祐奈さん、今度は大塚「製薬」カロリーメイトのCMに出演し話題となっています。

【CM美女探偵団】 カロリーメイトのCMで黒板アートから飛び出てきたかのような美少女受験生は誰だ!?

にてご紹介しています。

上記エントリにて大塚家具のCMも併せて観られますよ~。