「ノーバンばかり、芸がない」- アイドルの「ノーバン見出し」濫用に、伝説のAV監督・村西とおるが苦言

   2015/11/16

ノーバン始球式

ノーバンとノーパンの誤認を狙った見出しをマジメに調査

UKPのここ最近の疑問が記事になっていたのでご紹介。

 プロ野球の始球式でアイドルや有名人がマウンドに立つたび、ネットニュースや新聞紙面におどる「ノーバン」の見出し。なかには「ノーパン」と間違えてクリックし、「釣り見出しだ!」と憤る人もいます。「ノーバン」見出しが氾濫する理由を、スポーツ紙の担当者に聞いてみました。

アイドルのノーバン見出し、スポーツ紙の本音は? ネット普及で急増か 「半分以上は狙ってます」

いやぁ実に良記事。

特に見出しの数やサイト内検索のヒット数など、数字で仮説を検証しようと試みているところなんか、本当に真摯に「ノーバン問題」に取り組んでいる姿勢が見えます。

UKP的にはこの「ノーバン見出し」、もはや風物詩として楽しむものという認識ですが…。

はたまた、そのうち本当にノーパンで始球式するセクシーアイドルとか出てくるんじゃねーの?なんてヨコシマな気持ちでウォッチするとか。

まぁ結局この記事では、制作側に直撃インタビューして見出しの真意を聞き出す、ということが結論になっているのですが、この記事の何が凄いかって最後のまとめ方が凄い。

なんと、あの伝説のAV監督にして「昭和最後のエロ事師」とも称される村西とおる氏にコメントをもらって記事の〆としているのです。

伝説のAV監督からの、センスあふれる喝!

なぜ村西とおる!?

たまたまパイプがあったとか?

ノーパン=エロ=AV監督?

記事作成者の真意はイマイチ計りかねますが、さすが伝説の男・村西とおる氏、実に含蓄に富んだコメントを寄せてくれております。

 「こういう言葉遊びの世界というのは、日本人的なセンスでいいと思うんですね。ただ、いつまでもノーバンばかりというのは、芸がないと言わざるを得ません。私どもの世界でも『走れメロス』とエロスを引っかけてみたり、『君の名は』を文字って『君の縄』としてみたりと、頓知を使ったネーミングに知恵を絞って参りました。言葉遊びのセンスを磨き、読者をワクワクさせてくれるような見出しをつけていただきたいものでございます」

おっしゃる通り!

ネットニュース編集者のみなさまには、ぜひとも奮起していただきたいものです。

それにしても『君の縄』って。

ナイスですねぇ~。(←古い)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。