ルンバと暮らすと1年が370日になる。 – ルンバを買う意義を再認識させる、370日という違和感

 

5日分の負担を軽減する、という事実を“気付かせる”コピー

ルンバの広告

一見すると広告が表示されているように見えますが、コレどこにもリンクしていません。

1つ前のエントリ 岩田聡氏追悼 “任天堂が作ったルンバ” その名も「チリトリー」のネーミングセンスでルンバについて検索したために、ワタクシのブラウザに表示された広告をキャプチャーしたものです。

見て欲しいのは、このコピー。

ルンバと暮らすと1年が370日になる。

ルンバがくれる、家族の時間。

for Family, +5days

いかがですか?

1年は通常365日。

ルンバを使うことで5日分の掃除の負担を減らせるということを、実に効果的に “気付かせる” コピーです。

さらには5日間のハワイの旅をプレゼントと、キャンペーンとの連動もバッチリ。

もっと細かいことを言えば、ルンバと “暮らすと” という部分。

ルンバを擬人化・ペット化して、“そういう層”の取り込みも狙っています。

かなり計算された仕事ですねぇ。

チリトリーの話題を記事にしたおかげで、偶然にもGoodくるコピーを発見することができちゃいました。

ルンバと暮らしたくなっちゃった方は → iRobot Roomba 自動掃除機ルンバ871 ピューターグレー 871 【日本仕様正規品】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。