おいしさ、そして、いのちへ。- 味の素のコーポレートスローガン、コンセプトがミツカンの丸パクリじゃないか疑惑

   2015/09/26

同じ食品業界でまさかのパクリ!?

今回はGoodではなくBadなコピーという意味で書きます。

おいしさ、そして、いのちへ。この「おいしさ、そして、いのちへ。」というコピー、味の素KKが2009年よりCMなどで使用し始め、2010年4月より正式に導入したコーポレートスローガンです。

どうでしょう? 1つ前のエントリで紹介したミツカンのコーポレートスローガンとそっくりです。

 おいしさ、そして、いのちへ。

 やがて、いのちに変わるもの。

同じ食品業界で、タブーとされていた「いのち」という言葉を使っているのも同じなら、その意味するところも同じ。

そして使用され始めたのが2009年ということで、2004年に導入されたミツカンのスローガンが既に世に定着していた時期であることを考えると、さらに「う~ん」と首をひねりたくなります。

Webで検索しても、この2社のスローガンの類似について書かれている記事は見つからなかったのですが、私は最初に味の素のスローガンを聞いた(確かTVCMでした)瞬間に、「ミツカンのパクリじゃん!」と思いましたよ。

コピーに興味がある方ならみんな思ったんじゃないかな~?

あしたのもと の方がよかったという意見も…

変更前のコーポレートスローガンは「あしたのもと」というもの。

Web上を見ていると、変更前の方がよかったという意見もチラホラ見られます。

ソーシャル&CRMブランディング・ワークス

表参道の小さな広告屋から

そもそも過去のコーポレートスローガンを振り返ると、

おいしく食べて健康づくりの味の素K.K.
生活のごちそうは、きっと笑顔だ。AJINOMOTO
ちゃんとちゃんとのAJINOMOTO(1996年4月~1999年6月)
あしたのもとAJINOMOTO(1999年7月~2010年3月)
おいしさ、そして、いのちへ。 Eat Well, Live Well. AJINOMOTO(2010年4月~2014年9月)
Eat Well, Live Well. AJINOMOTO(2014年10月~)

出典:wikipedia

あしたのもと 以外にも、ちゃんとちゃんとのAJINOMOTO などきらりと光るコピーを生み出し、企業イメージを育ててきたことが分かります。

なんで変わっちゃったのかなぁ…。

 

というわけで、前回のエントリからの関連で思い出したので、記事にしてみました。

みなさんいかが思われたでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。