死ぬのが恐いから飼わないなんて、言わないで欲しい。 – 児島令子氏のメッセージが込められた、すごいボディコピーを見よ

   2015/09/30

死ぬのが恐いから飼わないなんて、言わないで欲しい。

いのちを扱うコピーは難しい

犬という生きものを愛している人が多いからこそ、いろんな意見や感想が出てきます。

先ほど「死ぬのが恐いから 飼わないなんて、 言わないで欲しい。」でgoogle検索してみたところ、実にさまざまな人が、さまざまな意見をブログなどで発信していました。

久しぶりに犬を飼いたくなったという人、価値観を変えてくれたという愛犬家、ボディコピーの「すごく生きている。すごく生きているよ。」にはプロのコピーライターさんが唸っていて、愛犬を亡くしてしまったばかりの人は、「やっぱり飼えないよ、でも犬を飼う人が増えてくれたらうれしい」と感想をつづったり、「亡くなったワンちゃんからのメッセージだったのかも」と感じたり、自分を元気づける「詩」だと受け止めたり。

もちろん批判もあって、「ペットの死を連想させるのは最悪だと思います」、「ペットフードの広告コピーとしては直接的過ぎるけど、飼い主が亡くなって、遺されたペットのケアをするサービスのコピーならアリ」といった意見もありました。

そんな中でも印象的だった批判を引用します。

・・・・このコピー知ってますか。
数年前にネットでちらほら・・・「良いコピー」として少し広まったりしてました。
最初見た時は特に感動も無く、人間て勝手だよなって印象だったのですが
今日たまたまこのコピーが 超安フードを作ってる会社のものだと知って怒りを覚えました。

人を惑わす良い言葉をたくさん並べて、フード会社はどんどん犬を飼って欲しいわけです。
フード会社に限らず、ペット産業と呼ばれるものは全て、獣医もトレーナーもトリマーもシッターも
ペット用品、ドッグスポーツ関連、ドッグカフェ・ペット保険etcetc・・・・・・
犬猫が多ければ多いほど、儲かる可能性が高いからです。
ほら、安いエサ食わせれば、1頭しか飼えないところ2頭も3頭も飼えるかもしれないしー。

そうそう、フード業者団体の人が「犬猫の殺処分を無くしたい」って話をしていて
(なんかの紙面の対談かな?)
「殺処分が無くなれば、数十万頭のフード消費が増える」って言ってたのを見てたまげたよ。
そうか、そういう思考回路なのか、やっぱりお偉いさんは違うなと本気で感心しました。

>死ぬのが怖いから 飼わないなんて、 言わないで欲しい。
犬が死ぬのが怖いなら犬飼わなくて全然いいでしょ、なんで無理して飼うの?
無理して飼っちゃったから最期に保健所に持ってくるんでしょ?もう引取らないけどね、法改正で←現実的。
それかその辺に放すの。
放れ犬保護→飼い主迎えに来ない→遺棄と判断→警察捜査→逮捕→罰金100万 って早くならないかな。
現状迷子の犬の半数が遺棄でしょ・・・あ、逸れた。

仔犬を(殖やして)飼う人の数より、看取ってくれる人の数が圧倒的に少ないから
数万頭の殺処分があることを早くみんなが理解して欲しい。
ネットでだいぶ浸透したと思ってたけど、そんなことないみたいね、相変わらずショップは繁盛してるし・・・。

死ぬのなんて怖くない。

ひどく悲しく寂しいだけです。

引用:愛犬日記 ver.7

分かります、とても。

UKPもちっちゃな頃から犬と一緒に育った犬好きですし、愛犬を亡くす経験も何度かしています。

そして大人になってお仕事でペット業界の裏側なんかを覗かせていただく機会もあったりして、そのキレイゴトでは済まない部分を目の当たりにしたこともあります。

でもいのちを扱う業界では、ある意味避けられない部分かもしれません。

ペットビジネスもビジネスである以上、儲からなくては存続していけませんし、いのちとはいえ商品なわけですから、その管理の上では情を排しビジネスに徹しなければならない場面もあることでしょう。

動物が好きな人はペットショップで働かない方がいい、なんて言葉も聞いたことがあります。

ボディコピーにこそ真髄がある

一度、全文書き出してみましょう。

死ぬのが恐いから
飼わないなんて、
言わないで欲しい。
おうちを汚すから飼わないというなら、
犬はお行儀を身につけることができる。
留守がちだから飼わないというなら、
犬はけなげにも、孤独と向き合おうと努力する
かもしれない。貧乏だから飼わないというなら、
犬はきっといっしょに貧乏を楽しんでくれる。

だけど・・・死ぬのがこわいからと言われたら、
犬はもうお手上げだ。すべての犬は、永遠じゃない。
いつかはいなくなる。でもそれまでは、
すごく生きている。すごく生きているよ。
だぶん今日も、日本中の犬たちはすごく生きていて、
飼い主たちは、大変であつくるしくって、
幸せな時間を共有しているはず。

飼いたいけど飼わないという人がいたら、
伝えて欲しい。犬たちは、
あなたを悲しませるためにやっては来ない。
あなたを微笑ませるためだけにやってくるのだと。
どこかの神様から、ムクムクしたあったかい命を
預かってみるのは、人に与えられた、
素朴であって高尚な楽しみでありますよと。

長く広告業界で活躍されている児島氏が、ペットビジネスの“いろいろ”を知らないはずはありません。

さらには3000万人とも推計される犬好きな人たちから、さまざまな感想や意見、受け止め方(もちろん批判も含めて)が出てくるであろうことも、予想できたはずです。

けれどもこの、ボディコピー含めた広告コピーで児島氏は、そんな“いろいろ”をすべて飲み込んだ上で、「それでも犬を飼うっていいよな」と思わせてくれちゃうんですよね。

なんてウツワがデカいんだ!

ワタクシなんかもう、この仕事引き受けただけでもすごいよ!って思ってしまいます。

カッコイイなぁもう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。