オマエ、まだ手作業なの?もったいないから流入シミュやってみ? – Listing Auto-Flightのアドセンス広告コピーがウザい

   2015/09/17

オマエ、まだ手作業なの?

お前、まだ手作業なの? 潜在顧客を積極的に煽ってくるスタイルの斬新なコピー

最近、ワタクシのアクセス先でしょっちゅう表示されるのが、このListing Auto-Flightのアドセンス広告。

初めて遭遇したときには広告にいきなり「オマエ」とか言われてギョッとしたものですが、ものすごく出稿されているのかしょっちゅう目にするので、最近は分析する余裕が出てきました。

なんせプロ野球の結果を見に行けば出てくるし、時事ニュースをチェックすれば表示されるし、自分のブログ(このブログですね)の更新を確認しようとすれば現れるし…。

ひどいときは1ページ内にこの広告が3つ!ということもあるぐらいですので、いいかげん慣れるってもんです。

というわけで、コピー含めたこの広告の「狙い」を、勝手に推測してみたいと思います。

モデルさんとコピーとの「イメージの乖離」が不快感を生む

この広告で注目するポイントはいくつかあるんですが、まずはなんと言っても謎の上から目線コピー

今まで広告で「オマエ」とか煽られた記憶ないです、ワタクシ。

正直、不快ですね。

もう一つのポイントは、このコピーを発している想定のモデルさんが、こんなこと言いそうにないおとなし目な女性であること。

そりゃあね、人は見かけによらないって言いますし、おとなしそうな女性が実は超毒舌キャラ、なんてザラにあることだってのも知ってますよ。

ただね、広告として制作する場合、コピーをビジュアルで補強するならそれらしい人選をするだろうし、表情もドSっぽくしたりして、分かりやすい感じに仕上げると思うんですよ、普通は。

試しに上の画像のコピー部分を手で隠してみてくださいよ。

「素敵な先輩が親切に教えてくれるので、未経験の私でも大丈夫でした」みたいな求人系コピーとか、「カジュアル婚活、始めてみませんか?」みたいなマッチングサービスのコピーが似合いそうなモデルさんじゃないですか?

あ、それかアレか。この女性が「やってみ」って言われてる設定なのか?

でもそれにしちゃ女性の表情がそれっぽくないもんなぁ~。

サービス内容を何一つ伝えようとしていない広告

さらに最大のポイントは、この広告が「Listing Auto-Flight」のサービス内容を何一つ説明しようとしていない点ですね。

広告をクリックしてみて初めて分かったのですが、「Listing Auto-Flight」というのはジャストシステムが提供する「リスティング広告の自動最適化サービス」なのです。

ランディングページには広告と同じ女性が登場し、「ごめん、まだ手作業だったね。」とのたまっております。

そのページ内では、この自動最適化サービスにどのような効果があるのか、またそれがどのような仕組みで行われるのかが、丁寧に説明されています。

ワタクシこれを見てピンときました。

これはバナー1枚で伝えるのは難しいわ…。

そう、つまりこの不快な広告は、「とにかくクリックさせてランディングページに連れてくる」ことに特化した戦略的な広告であると。

そのためにあえて挑戦的なコピーを書き、そんなこと言いそうにないモデルさんを使い、サービス内容に1ミリも触れていないのだ、と。

 

…うん、失敗だな。

クリックしてランディングページ見ても、たとえ内容的に「効果あるかも」と思ったとしても、不快感が先に立ってお願いしたいとは思わないもんね、UKPが担当者なら。

ジャストシステムさーん、バナー考え直した方がいいと思いますよー!

ワタクシにご依頼の際はコメントくださいませ(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。