とにかく柔らかいことに尽きると思います。 頭、物腰、そしておっぱい。 – ば び ろ ん まつこの天才的言語感覚

 

キラキラ生活をつぶやくだけでは人気を博すことはできない

ばびろんまつこ

偽ブランド品をネットオークションに出品し、約400万円を売り上げていた「無職女」は、ネットでは「セレブ美女」を気取る有名人だった。

引用:東スポWEB 偽ブランド詐欺女「ばびろんまつこ」の虚飾生活

こんなニュースが報じられ、話題となっているば び ろ ん まつこ。

ツイッターでの「キラキラツイート」で支持を集めていた彼女ですが、今回UKPは、その内容にキラキラだけではないキラリと光る言語センスを感じましたので、まとめてみたいと思います。

ワタクシがこれは!と思ったツイートを引用してみましょう。

サラリと自身の陰毛状態について開示するサービス精神。

「見た目はアラフォーに擬態」という、世間と逆の価値観を表明。

比喩を駆使したテクニカル自虐。

これにはUKPも納得です。

これにもUKP、納得です。

おっぱい重視のまつこ女史。

つまりは胸を揺らしながらふわふわと笑うのです。この一文は名文だとすら思います。

いかがでしょうか?

逮捕前、ツイッター界隈でかなりの注目と支持を集めていたというばびろんまつこ女史。

しかしただ単純にキラキラした生活ぶりをさらけ出すだけでは、反感も買わずこのような支持を集めることは不可能だったはず。

そこには彼女の類い稀な言語センスが大きな役割を果たしていたのではないかと、UKPは思います。

このまま消えてしまうのはあまりにももったいない。

今後は偽ブランドなどを扱うのではなく、自らと自らの文章をブランドとする「文筆業」を始められてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. cin より:

    文章もオリジナルではなくパクリだそうですよ

    • ukp より:

      えぇ~ホントですか!(´・ω・`)
      パクリ元の人の文章、ぜひ読んでみたいですね~。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。