今朝、折り畳んだ傘のせいでズボンがベッタベタに濡れたので、腹いせに過去のエントリをアップします。

 

世の中に実はたくさんいるであろう、傘嫌いのアナタへ。

傘嫌いイメージワタクシUKPは昔から傘が嫌いです。

正確には、折り畳んだ状態の傘が嫌いなのです。

今朝、差していた傘を畳んでバスに乗ったら、ズボンの左太もも部分がベッタベタに濡れました。

腹が立ったので5年ほど前に別ブログで書いた、傘についての恨み言エントリを再録してみます。

信念を賭けた勝負!

唐突だが、俺は “傘” が嫌いだ。

大嫌いだ。

雨が降っているときはいいよ。

むしろ好きだ。

実にいい。

自分が濡れるのもかまわず俺を守ってくれるなんて、なんて献身的で頼れる奴なんだ、こいつめ。

イカしてるぜ相棒!とさえ思う。

 

しかし、だ。

 

ひとたび雨がやみ、閉じられた傘のなんと邪魔くさいことか!

あぁもう!俺のズボンを濡らさないでくれ!

そもそもなんでオマエはそんな中途半端な長さなんだ!

杖みたいにして寄りかかるにはちょっと短いし、ぶら下げて歩くにはちょっと長いし!

横にして持てば前後左右の人々に雨粒と迷惑がかかるし!

なんだその先端のカールは!

腕に引っ掛けるには固くて痛いし、そもそも引っ掛けたとき斜めになるのがもう嫌!

と、先ほどまでの感謝の気持ちなど一瞬で忘れ、その場に打ち捨てて帰りたい衝動にかられるのだ。

 

なので、俺は極力、傘を持ち歩かないようにしている。

家を出るときにパラッとしている程度ならもちろん持たない。

天気予報で降水確率70%と言っていても、家を出るときどしゃ降りでなければ持たずに出かける。

あとは、天との、大自然との勝負である。

俺の晴れ男力が勝って、外にいる間に雨が降ってこなければ俺の勝ち。

雨に降られて濡れねずみにされてしまえば俺の負け。

 

これは俺の「傘を持たない」という信念を賭けた、勝負なんである。

今朝も、天気予報は雨。

今にも降り出しそうな、暗くどんよりした空模様。

 

しかし俺は傘を持たずに家を出た。

 

家から駅まで、自転車で10分少々。

電車に乗っている間はいくら降ってくれてもいい。

勝負は、最寄駅から勤務先までの徒歩約15分だ。

電車の窓越しに、暗い空を睨みつける。

窓にはぽつぽつと、小さな水滴が流れていく。

俺は睨む目に一層力を込める。

そして駅到着。

外に出た俺を迎えたのは…

 

なんと青空!

 

遠く西の空にはどんよりとした真っ暗な雨雲。

ぬはは、今日も大勝利である。

 

さぁ、次の勝負は帰り道。

往復あるところがこの勝負の難しいところ。

気合い入れていくかー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。